民進党の問責決議案提出に質疑中断された維新・東徹議員が怒り露わに「人の道に外れる行為だ」 | BuzzNews.JP

6月13日の参議院法務委員会で民進党が金田法相の問責決議案を維新の議員による質疑を遮る形で提出、「あまりに酷い」と批判が殺到しています。(画像は問責決議案が提出された際。参議院より)

維新・東徹議員が早速怒りのツイート連投
法務委員会では日本維新の会・東徹議員がテロ等準備罪法案について質疑を行なっていましたが、民進党が非難されているのは東議員が発言を開始してから1分近く経過した段階で金田法相の問責決議案を提出、完全に質疑を妨害する形で委員会の中断に至ったためです。

東議員がまさに発言している最中、「すいません、えー、金田大臣の、問責決議案を、提出させて頂きました」の声。驚いて委員長席の方を向く東議員は「ちょっと待って下さいよ。今質問してるところですけど」と不快感を露わにし、一気に緊張が走ります。

委員長は問責決議案を提出した民進党の真山勇一議員に対し「後から・・・」と東議員の質疑終了後にするよう促し「東先生続けて下さい」と一度は質疑を続行する姿勢を見せましたが、周囲から様々な声が飛び結局そのまま委員会は中断され、そのまま再開されることはありませんでした。

情報源: 民進党の問責決議案提出に質疑中断された維新・東徹議員が怒り露わに「人の道に外れる行為だ」 | BuzzNews.JP

民主党の与党の時から思っていたが、議員ですら無く、人間のクズだな。人間ですら無い。

いくら名前を変えたところでクズはクズだというのが良く分かるエピソードじゃな

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。