文大統領が到着した日、米下院議員「THAADか米軍撤収か選択するべき」 | Joongang Ilbo | 中央日報

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が米国を訪問した28日(日本時間)、米下院で「韓国は高高度防衛ミサイル(THAAD)と在韓米軍のどちらかを選択するべきだ」という極端な要求が登場した。

この日の下院外交委員会の会議で共和党のスティーブ・シャボット議員は「文大統領の最初の措置の一つはTHAAD配備を遅らせたことであり、これは大きな失敗だと考える」とし「米国の軍隊を危険にさらした」と批判した。

情報源: 文大統領が到着した日、米下院議員「THAADか米軍撤収か選択するべき」 | Joongang Ilbo | 中央日報

トランプじゃないけど、スティーブ・シャボット下院議員に
「やーんのかやーらへんのかどっちやねーん♪」と言われた文ちゃん。

昨年、在南鮮米軍司令官ヴィンセント・ブルックス大将が「将兵を危険に晒す訳にはいかない」と言っていたが、自分達を守る行動をさせないというのが、敵対行動に当たる事を鮮人共は理解していないようだ。

文在寅は朝鮮戦争ネタを持ち出し、「一緒に戦ったのだから大目に見ろよ」と言う積りの様だが、米国人としては、朝鮮戦争で米軍供与の高価な武器を放り出して敵前逃亡しまくって、自分達で戦えないのを助けてやったという思いがある。

公平に考えて、南朝鮮は釜山まで追い詰められ国家存亡の危機だったのを救われたのだから、米軍の意向を何よりも尊重すべきだろう。

ところがゴネるのが大好きな朝鮮人なので、「THAADを配備したかったらいいモノを寄越せ」と嫌がらせをする。

救いようがおまへんなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。