ストレス

でこにぼこぼこと皮膚炎が発生していたが、最近は綺麗に治っていたのが再発した。

ストレスで発生する事は経験則的に分かっているので、ストレスを発生させない事が第一なのだが、発生してしまった。

何が原因なんだろうと考えると、そう言えば、昨日、久々にセレクタブルブート環境のメインマシンのWindows 10の更新をやった。

昨日、停電があって、サーバー再起動中の片手間に暫くやってなかったWindows 10の更新をやろうと思い、Windowsを起動した。

サーバーの起動状態を確認すべく、 ping を打ってもサーバーが応答しないので、fsckでディスクチェックがかかっているか、起動に失敗しているかのどちらか。

ネットが繋がらないので、Windows 10でシリアル通信環境整えて、端末でサーバーの状態を見ようと思ったが、FTDIのシリアルドライバがよく分からず、面倒なので諦めた。

で、Linux環境ならシリアル通信環境があるので、再起動を選択しようとすると、「更新して再起動」…。もたもたしてる間に更新ダウンロードを完了してやがったか。

「Windowsを準備しています。コンピュータの電源を切らないでください」の画面を30分も見せられた。

サーバーの起動状態を確認して、起動コマンドを実行したいのにできず、さも「スマートなマイクロソフト様にまかせておけ!愚民はすっこんでろ!」と言わんばかりにスピナーをグルグル回して長時間待たせる。

久々にストレスが最高潮になったので、これが再発原因だな。

Linuxだと、コンピュータの前に座って長時間待たせるような事はしない。経験則的にユーザーをバカ扱いしているモノにロクなものが無いよね。

インタ楽TVとか 🙂

BB excite解約

夜になると 500kbps とかナメた速度だったので解約。

mopera U にしたところ 50Mbps以上出たので、何と100倍にスピードアップ(笑) 値段は倍だけど、スピード100倍なら無茶苦茶お得やんけ。

やっぱり安かろう悪かろうはアカンのう。
しかし、mopera U の手続きは無茶苦茶不親切で、docomoのマイページから手続きしないといけない。

加えて、ID、パスワードの案内も無い。
BBアクセスのパスワードはmopera のページから i mode携帯でバーコードでURL読み込んで見ないと見れなかった。

まあ、なかなか素人に手続きし難いってのもユーザー増えにくくていいかもしれない。

でも、50Mbpsか…。わしの光回線は光ネクスト隼で1Gbpsを謳ってるんだよなあ…。

明治フルーツオ・レ500ml

先月まで毎日朝晩買って飲んでいたが、今月になって全然見かけなくなった。

どうやら製造終了になったようだ。

代わりにこれを買ってみたが、さっき届いて冷蔵庫で冷却中。

要冷蔵なら24本も買えたものではないが、常温保存可能のブリックパックだから買ってみた。

うまかったら定期的に買おうかと思う。

【業務連絡】サーバー復旧

自宅サーバー復活。

結局、前の500GBHDDをgparted でコピーして1.82TBリサイズして blkidでディスクのUUIDチェックして、新しく作ったswapのUUID書き換えてブート。

省電力機能のせいで起動できないが、シリアルターミナルで boot と打ったら起動した。ちなみに省電力機能は無効にできないとマニュアルに書いてあった。停電時に困りそうだな。

COREGAのCG-HDC2EU3100というディスクケースを使っていたが、HDD異常ランプが1と2の二つ共点灯して停まるという謎現象が2〜3日起きに発生していた。

WD RedのHDDがイカれているよりは7年前のディスクケースの方が疑わしいので、センチュリーのCRNS35EU3S6Gに入れ替えた。

COREGAのディスクケースは、データの入ったディスクをRAID1化する事ができたが、センチュリーのディスクケースはパーティションテーブルを破壊してくれただけだった。

サーバーのOpenRD Ultimate はUSB2.0でeSATAインターフェースが付いているので、ディスクケースはeSATA必須。

ディスクケースはUSB3.0が多いが、データの入ったディスクをRAID化してくれるケースってなかなか無いなあ。

【業務連絡】ディスク死亡

コレガのハードディスクケースで、謎のHDD異常による停止で、センチュリーのハードディスクケースにRAID1にして入れ替えたところ、無事「未知」の2TBディスクと認識され、データが見えぬ。

コレガのハードディスクケースに戻したけど、Bad Magic Numberと出て起動せぬ(汗

また500GBからコピーやり直しになるので、しばらくチャットとかは使えません。

アレルギー検査

折角良くなってたのに、先週土曜に油断してチョコモナカジャンボを食ったら酷くなった。

ここ3日位、朝方3〜4時に全身を掻きむしっている最中に目が覚める。

1月に検査したやつだが、主要なアレルギー反応は一切なし。
なので有効な対策を取りようが無い。

経験則的に、醤油、味噌、醸造酢など、米麹発酵系がダメなのと、チョコレートなどのカカオ類がダメで、摂取してから数時間後に全身が痒くなる。

そして、摂取をやめても1〜2週間は痒みが取れず、影響が続く。

接種後すぐに症状が出れば、因果関係が分かるのだが、現在酷くなってる原因は、チョコモナカジャンボ、麦味噌、沖縄生黒糖飴の三つが疑わしいので、全てやめた。

取り敢えず、症状が落ち着いていた時の食生活に戻して様子見。
何が原因かはっきり分からないので、新しいものを食べるのは警戒しないといけない。

非常に面倒くさい。

SONY ICF-SW100お亡くなり

ICF-SW100

最近、スリープタイマー掛けて寝床でラジオ聞いていて、クリアーなパソコンの音に比べて、雑音混じりでフェーディングがあり、儚い音の感じが何とも言えない味のあるものだった。

昨晩、突然キーが反応しなくなり、本体裏にあるリセットを押しても変わらず。

Googleで調べると、どうやらヒンジ部分でフレキシブルケーブルが断線するというのが、こいつの持病の様だ。

500円硬貨と比較して、無茶苦茶コンパクト

このラジオ、ソニーの技術力を結集して作られた高機能、高性能、コンパクトという素晴らしい製品で、わしにとって、短波帯を受信できる唯一のラジオだから、こいつが壊れたのは非常に痛い。

新しいラジオも考慮してみたが、さすがにポケットサイズのこんな高性能ラジオはもう売ってない。

昔のソニーはコンパクトさに異常な執念を燃やしていたが、今はそんな冒険できない程、落ちぶれてしまった。ストリンガーはソニーにとって疫病神だったんじゃねーかと思う。

まあ、作れない事も無いのだろうけど、発売当初で定価54,000円もしたラジオなので、今のデフレの世の中では一部のマニアしか買わないだろう。

捨てるのは勿体無いし、何とか修理できないか探すと、

情報源: SONY ラジオ ICF-SW100 フレキ修理詳細写真 | 家庭用品修理士隊まとめサイト

というのを見つけたので問い合わせ中。

やっかいなアレルギー

謎のアレルギーで全身が痒くなり、掻きむしって傷だらけ。

皮膚科でアレルギー検査をして貰ったが、豆、そば、小麦諸々一切反応無し。
発酵食品がよろしくないとの事で、ヨーグルトをやめ、コーヒーを二杯連続で飲むと痒みが来たのと、ファミリアチョコクランチを小鉢に二杯食ったら痒みが来たので、それらをやめた。

これで朝方4時頃に痒みで目が覚めるという事は無くなったが、痒みは完全に収まらない。そして、発酵食品の味噌もあやしいのでやめた。

コーヒー、カカオ、味噌などは、遅延発火型で、食べてすぐ症状が出ず、早くて30分後、遅くて6〜7時間後に痒みが出てくるので、原因物質の特定が難しく、非常にやっかい。

しかも、これら遅延発火型は、身体に残るので、摂取を止めたら痒みが出なくなる訳では無くて、1〜2週間かけて成分を抜かないと、収まらないらしい。

味噌が疑わしいので同系列の醤油もアウト。食事がかなり不自由になった。

そして、今日の昼にペペロンチーノを食ったが、唐辛子、ニンニクもダメと医者に言われてたのを思い出し、唐辛子は避けたが少し食べてしまった。

そして6時間後に痒みがやってきたので、この系統もアウト。パスタソースの成分みると、ニンニクが入っているので、避けようがない。毎週土日の昼はペペロンチーノだったが、もう食えない。

掻かなければ良いのだが、寝てる間、無意識でやってしまうので、一向に良くならない。
痒みの元となる物質を突き止め、それを絶つしかないので、取り敢えず、疑わしいものは全部やめて1〜2週間様子見するという、まだるっこしい事をやり続けるしかないんだな。

5V電源環境

エネループが遊んでいるので有効活用する方法は無いかと思案していた。

日頃外出時に使っているものは、

  • 電子タバコTW AIO Style E-cig (micro USB)
  • タブレットDELL Venue8 Pro 5855 (usb type-C)
  • BluetoothレシーバーLBT-PAR500AV (micro USB)
  • モバイルルーターAtermMR03LN (micro USB)
  • 携帯電話SH-02C (FOMAコネクタ)

ってところだが、単3エネループを5.6Vに昇圧するバッテリーエクステンダーIIってのが、非常に良い商品だった。今はもう販売していない。

で、このバッテリーエクステンダーIIにエネループ(1,900mAh×4)を入れて、USBのLED電球5Wを点灯させて遊んでみたが、4時間くらい点灯していたので、4,000mAh位の容量なのか???

計算上は、1.2×1900×4÷5 = 2280 なので、2,280mAhで、5V 5W電球を2時間ちょっと点灯できる計算。

バッテリーエクステンダーIIは、5.6Vへ昇圧する事は分かっているので、恐らく電流が下がったのかな?小電流でも動く onite のUSB 5W LED電球恐るべし。

しかし、考えてみると、今必要なのは5Vを取得できる状態であって、その手段として単3エネループを使わなければならないという事では無い。

それに昔に比べると、タブレットが2.4Aを要求するなど、USBの規格である500mAでは済まない状態で、今の環境でエネループを使えるとしたら携帯電話の充電くらいしかないから、Ankerのモバイルバッテリーで充分だな。