「韓国は信頼できない」72%、日本人の反韓感情が最悪に | 朝鮮日報

 日本で韓国を「信頼する」という人は16%にすぎないという調査結果が出た。また「日本にとって軍事的な脅威になる国」の順位でも、韓国は中国・北朝鮮に続き3位になった。

読売新聞は16日、米国の世論調査会社ギャラップと共同で、米日両国民を対象に行った世論調査の結果「韓国を信頼できない」と回答した日本人の比率が 72%に達し、「信頼できる」という回答(16%)を圧倒した、と報じた。一方、同じ調査で、米国人は韓国を「信頼できる」という回答(57%)が「信頼 できない」という回答(41%)を上回った。また「中国を信頼できない」と回答した日本人は88%に達し、米国人も66%が「中国を信頼できない」と回答 した。中国を「信頼できる」という回答は、米国(32%)が日本(5%)より多かった。

日本人が挙げた「軍事的な脅威にな る国」は、中国(78%)、北朝鮮(74%)、韓国(45%)、ロシア(40%)の順となった。韓国がロシアよりも軍事的脅威になるという調査結果は、 2000年の調査開始以来初めて。06年には、韓国を「軍事的な脅威になる国」に挙げた日本人は20%にすぎなかった。最近、歴史認識をめぐって韓日両国 の対立が深まっていることが原因と考えられる。一方、米国人が挙げた「軍事的な脅威になる国」は、中東(75%)、北朝鮮(66%)、中国(62%)の順 となった。

「日米関係が良好だ」という回答は、日本人が55%で、過去最高となった。このような結果について、読売新聞は「中国とは尖閣諸島の領有権をめぐる対立、韓国とは歴史認識をめぐる問題などで、否定的な認識が高まっている」と指摘した。

東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員

引用元: Chosun Online | 朝鮮日報.

「好き」「嫌い」では無く、「信頼できない」ってのがミソ。
これは、明確に南鮮のキチガイっぷりが周知されて、敵国だという認識を日本人が持った事を意味する。

つまり、以前なら、マスコミが熱心に吹聴するどこにあるのか分からない「韓流ブーム」とやらで、「好き」の割合を増やす事はできたが、この「信頼できない」というのは最早致命的で、短期間で転換する事は無いという事だ。

まあ、自業自得としか言い様が無い訳だが、せいぜい苦しんで滅んでね 🙂

“「韓国は信頼できない」72%、日本人の反韓感情が最悪に | 朝鮮日報” への2件の返信

  1. ・・・んまぁ、敵国と謂うか、害国とでも謂いませうか(´_`;b

    「呼吸する様に噓を吐く」という表現がしっくりときてございますね。
    ちゃんとした資料を目にしてはおりませぬが・・・聞いた話では、現南鮮政府の首相以下かなりの数の議員が何らかの犯歴を持っておられるとか。

    そりゃ、国際法も無視するわけでございますね(滝汗)

  2. 「お天道さまが見ている」という感覚が無く、損得勘定が善悪を優越しているという感じですかのう。

    米国などは「嘘をついてはいけない」という当たり前の前提が成り立つのですが、支那朝鮮はそれが通じません。その意味で、日本人が付き合うべき相手では無いという事ですのう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください