ドライブレコーダー物色

今のドライブレコーダーって、米国Amazonで買った南鮮製のCARPA120ってやつ。

ドライブレコーダーCARPA120

こいつが、古いGoogle API使ってるせいで、もう地図を表示できなくて、そろそろ新しい(・∀・)イイ!!やつに替えようと思って Amazon を物色。

中々更新できないのは、古いタイプには古いタイプの良さがあって、カメラ解像度が低いせいで、32GB SDで充分24時間録画可能な事と、低電圧(10.5V)電源OFF機能がある事。

あと、鉄パイプ落下事件の事もあって、車内も映るダブルカメラ必須。こういう条件を備えたドライブレコーダーが中々無い。

駅駐車場で鉄パイプ落下

候補としては……、とは言え、1個しか無いのだが、

GPSが標準ではついてないので、

も必要。Player は GPS Player のページにあるようだ。

問題は常時電源接続で、24時間分の記録が撮れるのかという点だが、レヴューによると、最高画質で前後両方の録画サイズが5分で900MB。24時間で計算すると、約259.2GB必要になる訳で、micro SD 256GBが要るつー事だな。

最高画質は2560×1440P/30fps(2.5K)だが、1920×1080 (30fps)で充分だから、単純計算で、2073600ピクセル÷3686400ピクセル=0.5625 で、259.2×0.5625=145.8GB程度と考えると、256GBで余裕だな。

そして、バッテリー電圧低下の自動OFFだが、こいつは12Vを5Vに変換し、mini USBで駆動するので、望むべくも無い。

なので、12Vのラインに低電圧自動OFFのこいつを組み込めばいい。

Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

情報源: 12V Battery Low Voltage Cut off Automatic Switch On Protection Undervoltage Controller Sep29 Drop Ship-in Battery Testers from Tools on Aliexpress.com | Alibaba Group

これの他にネジで調整するタイプで、$2.39の基板むき出しの安いものもあるけど、ネジ回しながら調整するのに出力電圧可変の安定電源が要るから、素人にはおすすめできない。

ま、わしもそんなハード屋さん装備は持っていないが、前に買ったバックコンバーターで、テスターを当てながら、出力電圧を10.5Vに調整し、それで出力したもので、ネジを調整して電源OFFになるように設定するという事はできそう。

もう書いてるだけで面倒臭くなってきたが、多少値段が上がっても液晶表示で設定できるこっちがいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください