韓国子会社の事業撤退=「司法判断に懸念」-半導体関連のフェローテック:時事ドットコム

【ソウル時事】半導体関連メーカーのフェローテックホールディングス(本社東京)は16日、韓国子会社での半導体製造装置部材の開発・製造・販売事業から撤退すると発表した。韓国の司法判断に対する懸念が背景にあり、進出企業の事業継続に影響を与えた形だ。

子会社をめぐっては、元従業員3人が2月、営業機密侵害などの罪で韓国検察当局に起訴された。フェローテックは「昨今の韓国における日系企業に対する司法判断などに鑑みると、司法の独立性が完全に担保されない懸念があり、潜在的なリスクを現段階で最小化することが最も適切と判断した」と説明した。
韓国最高裁は昨年10月以降、元徴用工らの訴訟で日本企業に賠償を命じる判決を下し、日韓関係が悪化している。フェローテックは事業撤退により4億~6億円の損失を見込んでいる。

情報源: 韓国子会社の事業撤退=「司法判断に懸念」-半導体関連のフェローテック:時事ドットコム

南朝鮮の恣意的な司法判断に撤退する企業が出始めました(笑)

北朝鮮も進出した儲けてる在日の工場の社長をスパイ罪で逮捕するし、未開な地域はこういう事を平気でするものだ。

自分達は関係無いと思ってるのかもしれないけど、逃げるなら今の内。

「日本」の会社である以上、残るなら全てにおいて難癖を付けられたり、不利益を被る事を覚悟しといた方が良いぞ 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください