「韓日の災害・安全共同体構築に向けた協力基盤作りを」 高麗大教授が提言 : 東亜日報

中国発粒子状物質や福島原発の放射能漏れ、白頭山(ペクドゥサン)火山爆発可能性など、最近東アジアの環境問題は、一国で対応できるレベルを超えている。キム教授は、「韓国と日本は国のレベルを超えた災害と安全問題に対応する人材を養成し、共同の危機管理体制を構築しなければならない」とし、「2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震で見られた日本の災害対応と復旧努力などから得た教訓を韓国流に消化できるだろう」と明らかにした。

情報源: 「韓日の災害・安全共同体構築に向けた協力基盤作りを」 高麗大教授が提言 : 東亜日報

日本のメリットは何なんですかね?

「共同」といいつつ、一方的に日本の災害対策のノウハウを南朝鮮の為に役立たせるという話しかしてない。

まあ、南鮮の言う「共同」や「協力」は「お互いに」といいつつ、南朝鮮に一方的に有利な片務的内容なので、話を聞くだけ時間の無駄なんだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください