首相、文大統領に福島の放射性物質は韓国の「100分の1以下」輸入規制念頭にクギ – 産経ニュース

 安倍晋三首相が24日に中国・成都で韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した際、「福島第1原発から排出されている水に含まれる放射性物質の量は韓国の原発の排水の100分の1以下だ」と指摘していたことが28日、分かった。東京電力福島第1原発事故後、韓国が福島県の水産物をはじめとする日本産食品の輸入を禁止していることを念頭に、科学的な議論を行うよう求めた形だ。文氏は反論しなかったという。日韓外交筋が明らかにした。

情報源: 首相、文大統領に福島の放射性物質は韓国の「100分の1以下」輸入規制念頭にクギ – 産経ニュース

17兆ベクレルもの汚染水を垂れ流しておきながら、日本の処理水排出に文句を言う馬鹿タレに一喝。

こいつらの頭のおかしい所は、自分達の原発付近の海域で、放射線濃度が高いのを「福島のせいニダ」とか言ってるところ。

非科学的な呪詛の世界で、この世の餓鬼道の南鮮とは付き合わない方がいいですな。

“首相、文大統領に福島の放射性物質は韓国の「100分の1以下」輸入規制念頭にクギ – 産経ニュース” への2件の返信

  1.  ・・・WHO基準(1万ベクレル/1ℓ)も知らないのやも( ~_△_)~
    > ヘル半島な方々

    あ、本年もお疲れ様にございました・・・良いお年を。

  2. これはこれは、ひりゃあおう殿 お久う。

    偏西風が吹いてて、南朝鮮へ行くはずのない目に見えない何かのせいで、呼吸困難になって体調不良になったご婦人がいらっしゃるそうで、もはや科学的基準とかうっちゃってて、もうオカルトの世界ですな。

    いやはや、今年は色々と災害続きでしたが、来年は良い年であって欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください