中国TPP加入、難航必至 知財保護、受け入れに疑問も:時事ドットコム

中国が環太平洋連携協定(TPP)に加入するには、知的財産権の保護、国有企業の優遇制限、政府調達の透明性確保など、TPP協定が定める厳格なルールを順守することが前提となる。日本政府内には「ルールを受け入れられるのか大いに疑問だ」(政府関係者)との意見が根強い。加入問題は難航が必至だ。

情報源: 中国TPP加入、難航必至 知財保護、受け入れに疑問も:時事ドットコム

オーストラリアが速攻で、豪州に対する制裁関税がある限り、認めないと表明してたな。

中共がこれを受け入れて、制裁関税を撤廃しない限り、TPPは加盟国全会一致でないと入れないので、一カ国でも反対があれば、もう終わったも同然。

しかし、豪州は交渉を呼びかけてて、支那と商売する事を未練がましく諦めていないあたり、立場が弱いなあ。

まあ、支那朝鮮との「自由貿易協定」ってのは成り立たないので、入れるべきではない。

関税撤廃したのをいい事に、為替を操作して不当廉売して、相手国にデフレを輸出するのが常套手段なのと、すぐにルールを破るので、こいつらと自由貿易協定なんか結ぶべきではないんだな。

まあ、中共の思惑としては、TPP加盟に意欲的な台湾より先に加入して、台湾を加入させないのが目的なんだろうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください