【RX-7】エンジン不調再入院

昨日から今日に掛けて雨降りなので、雨降りの中走行後、エンジン停止して、再びエンジンを掛けると吹け上がらなくなるという不具合の再現の為、走り回っていた。

本日、三回目の走行で、平和堂へ行き、立体駐車場でヘッドライトを点灯させたら、運転席から見て、左のヘッドライトがハイビームで点灯し、右のヘッドライトが点灯しないという現象が発生。

当然、ハイビームのスイッチは入れておらず、ハイビームにしてないのにハイビームの青ランプがうっすら点灯していた。ハイビームのスイッチ入れても左ハイビームで、右点灯しないのはそのまんま。

昨晩からLEDヘッドライトは、少しおかしな症状が出ていて、ライト点灯すると、スイッチを入れてないのにいきなりハイビームになってて、暫く走るとロービームに戻るという現象が出ていた。

で、車屋に持っていったけど、そこで点灯すると、全く異常なく正常にロービーム、ハイビームの切り替えができた。

症状が再現するまで様子見という事になったが、もしかしたらRX-7のエンジンルームは非常に熱くなるので、LEDヘッドライトのドライバーユニットが熱でイカれたのかもしれん。

前に安物の警報装置をエンジンルーム内に付けて貰った時も、警報音が小さくなって、壊れかけになったので、ドライバーユニットは放熱する役割もあるから、ダメなんじゃねーかと思う。

まあ、壊れたらそれでハッキリするからそれでいいか 🙂

車屋の帰りにガソリン給油して、エンジンスタートさせると、エンジンが吹け上がらなくなる現象がやっと出ましたよ。

で、再び車屋へ戻り、現象を確認して貰ったが、アクセル踏み込むと、マフラーでパンパン音がしてたので、未燃焼ガスが出ているという事で、燃料供給が止まってるのではなく、プラグに火が飛んでないという事だな。

稀に出る現象なので、試して無かったが、ひょっとしたらエンジン切って、再始動したら直るんじゃないかと思ったら、その通りだった。

点火系不具合なら固定症状になるけど、この現象は、雨の日に走行してエンジン停めて、再始動すると出る事があるという非常に厄介な現象で、加えて、エンジンを切ったら直るから非常に始末に悪い。

取り敢えず、再び車屋に入院させて、また代車生活でござるよ。 🙁

LEDブレーキランプこうにう2

S25ダブル(bay15d)ってのは、調べてみると、テール&ブレーキ以外に、ポジション&ウインカーとか色々な用途に使用されているようだ。

つまり、強弱発光のみでは無いという事で、支那の通販サイトで適当に良さそうなのを買ったら、テール&ブレーキじゃ無かったという事が発生する訳だな。

で、PHILIPSのLEDランプ2個セット11499ULRX2を購入して付けてみたが、テールランプ時にそれぞれ明るさが違ってて品質にバラツキがあり、ブレーキ時にはハロゲンランプよりも暗いと来たもんだ。

製品には「車検対応」と書いてあったが、テール時にハロゲンより明るく、ブレーキ時にハロゲンより暗いのは、強弱の差が少ないという事で、車検に本当に通るのか不安だ。

18個のLEDが全灯しても、ハロゲンより暗いのは、LEDが反射鏡のみ照射して、ランプ上部の向かって前方には照射してないからだと考えた。

孫市屋というLEDランプ通販店で見てみると、ランプ上部の光る面積の多い、S25ダブルSMD47連というのがあり、これならイケるのではないかと思ったが、1個1,324円(税別)×4灯×10%消費税=5,825円をお試し買いするには高すぎる。

そこで Aliexpres ですよ 🙂

孫市屋の47連とは違ってこちらは50連だが、4個セット送料込みで$2.66(約284.47円)。

これなら予備電球として買っておいても痛くはない。

赤色だが、RX-7の場合、赤レンズ越しで強烈な白色光ではピンク色に見えるようになってしまうだろうから、赤がいいという事で発光色は赤にした。

しかし、1個71円で、孫市屋の1/20の価格って大丈夫かのう。孫市屋もどうせ中国で作らせてるんだろうし、ハズレを引かなければそれなりに使えると思うが、見た目いかにも首がもげそうだよなあ 🙁

【RX-7】LEDブレーキランプ装着

LEDブレーキランプ購入

届いたので付けてみた。片側ビス3個外して、ランプユニットを外側へ思いっきり力かけてスライドさせたら外せる。

2個セットだが、テールライトの明るさが違う orz
テールライト時は2個共ハロゲンよりは明るいが、ブレーキランプ時はハロゲン球よりも少し暗い。

つまり、ブレーキ踏んだ時の明るさの差がハロゲン球よりも少ないという事で、これはLEDケチってるせいだろ。

6千円台の高い製品もあるけど、ブレーキランプごときに2セットで万単位の金出してられねえよ。
Philips だから信用してたのにとんだ品質管理だこと。

【RX-7】電球換装

T10 LEDを装着したハイマウントストップランプが暗いので別タイプのT10 LEDへ交換。

T16の代わりにT10のLED

電球上部が明るいT10 LEDを付けてみた。

前のCOBのT10 LEDとさほど明るさが変わらない。

デジカメで撮ると見た目以上に輝いて見えるから、通販サイトで騙されるんだな 🙂

 

 

煤けて黒いT16電球の方が明るい

中央の位置に、元の黒く煤けた電球を入れて明るさ比べ。

明らかに黒く煤けた電球の方が明るい。

 

 

 

という訳で、次の2つをこうにう。

前のCOBよりチップ数が多く、T10互換だけど、サイズが32mmと5mmオーバー。T16だったら、5mm短いので、T16として使うなら問題無く入るだろう。

 

そしてこれは、商品説明の所にCOBのものより明るいと書かれているもの。

値段も10個のCOB $1.94と、2個のこの製品 $1.84とで大差無いので高い部品を使ってる訳だな。

樹脂で固めたCOBタイプと違い、ABSのlump shadeらしいが、脱落しねえだろうな?

こいつの長さは28mmで、T10なら1mmオーバー。T16だったら9mm短い。

ハイマウントストップランプは安全性に関わる問題なので、少なくともT16 電球以上の明るさは確保したいところ。

COBタイプ10個1セットと、SMDタイプ2個3セットで、お値段$10.25(約1,096円)。

Amazonで買ったら、

349+766×3=2,647円。

ちなみに、SMD 3535 6個というのは日本で売ってないので、一つ前のSMD 3030 2個と性能が低い条件でも価格差2.6倍位

ただし、Amazonだと数日で届くけど、Aliexpressのものは20〜30日かかるんだな

そして、Web検索で余り出てこなくて忘れていたのだが、RX-7 FD3S 6型はリアのマーカーが点灯するようになったモデルなので、ハイマウントストップランプについていたT10 LEDと交換。

ウインカーを除き、残りはナンバー灯で、交換しようと思ったが、ネジが固くて回せない。無理にやったらネジ山潰しそうなので車屋に頼むとするか。

LEDブレーキランプ購入

支那の通販サイトは車検に絶対通らない色が変わるだけのLEDが売られているので、PhilipsのS25ダブル (P21/5W) レッド 12V 2.7W アルティノン Ultinon LEDシリーズ 2個入り 11499ULRX2をこうにう。

ブレーキランプは4灯なので、あと1セット必要だが、取り敢えずお試しで付けてみて、大丈夫だったらもう1セット買う予定

Aliexpressで$17.34(約1854.11円)と安く売ってて、届くまで10〜30日掛かるが、急ぐものでも無いし、追加購入分は商品性能が分かってるから、こっちでもいいな。

情報源: フィリップス LED P21/5 ワット S25 1157 11499ULR Ultinon Led レッドカラー車のターン信号インジケータライトフォグランプ逆転ライト、ペア – Aliexpress.com | Alibaba グループ上の 自動車 &バイク からの 信号ランプ の中

そして、ハイマウントストップランプがT16だったのをT10互換のLED付けたけど、電球上部の発光が少ないので、かなり暗い。

 

 

そこで、T10で電球上部に光を出すタイプのも買ってあるので、これに付け替える予定。

COBタイプのT10はチップが4つだけど、こいつは光源を見る限り、SMD1つのようだ。まあ、送料込みの10個で100円しない1個9.5円程度の安物だしな 🙂

全体的な明るさはCOBの方が上なので、サイドマーカーとか反射鏡前提の所に付けると非常に良いのだが、指向性のある光を出すのはこちらが上という感じ。

T16のLEDを探したけど、爆光を求めた複数LEDを搭載しているものだと、支那品質で使っている内にLEDが何個か点かなくなったり、部品の脱落、熱で燃えるなんて事もあるようなので、LEDチップは少なければ少ないほど良いというのが結論。

RX-7ヘッドライトLED化

納品書見るまで何を付けられたのか分かって無かったが日本ライティングのWL004Kだった(^^;

Amazonだと19,126円だけど、車屋の納品書には、13,800円と書いてあって、6千円安いな。でも、リトラクタブルライトの中の樹脂をゴリゴリ削って9,000円の工賃だったから、工賃含めるとそんなにお安くない。

前にも書いたけど、日本ライティングって自動車メーカーに納品してて、最近、車メーカーの購入量が減って来てるので、一般売りを始めたそうだ

車屋の帰りに点灯して帰ってきたけど、前より明るくていいな。だが、交換した電球も貰ってきたけど、黒く煤けてるものばかりで、流石に新車から15年替えなかった電球は相当暗かっただろうから、一層明るく感じる。

しかし、車屋の話ではこれでも爆光という訳では無くて、ちょっと大人し目の明るさだそうな。

今までRX-7の修理で代車借りてる時に、ヘッドライトが明るくて、今時の車だとこんなに明るいのかと驚いていたが、ようやく、わしの車も同等の明るさになった感じ。

で、T10のLED付けて貰ってて、事前に車屋に「暗い」と言われていたので、また明るい奴を買わないとイカンのかと思ってた。

実際にポジションやルームランプで見てみると、前の電球より少し明るい程度の明るさで、今流行りの爆光では無いから「暗い」と言っていたようだ。

わしは、消費電力を減らす事が目的で、明るさは同等以上であれば充分過ぎるので、これで良かった。

次に S25ダブルのLEDだが、こいつはダメ。

テールランプ時は白に発光して、ブレーキランプ時は黄橙色に光るだけで明るさが変わらないから、ブレーキランプとしては全く使えなかった。

中国のサイトだと、光の強弱があるか分からないので、ブレーキランプのLEDは日本で買った方が良さそう。

そして、H3のLEDだが、H3は全長42mm程度のところ、こいつは60mm位あるので、マルチリフレクタのフォグランプの中の反射鏡に干渉して入らない。

それに多分、LEDのチップ数が多く無いので、仮に入れられたとしても明るさが足らないって事になりそう。

とりあえず、支那の通販サイトで、全長45mmのH3で、LEDのチップが30個のものを注文済。

LEDチップ数が極力最大になるようにしたので、サイズ的に本当にギリギリで、もしかしたら入らないかもしれないが、2個で$4ほどなので勉強代だな。

LEDバルブの発光テスト

H3は二個とも点灯し、明るさも両方同じ位なので、OK.

S25ダブルの電極は胴体がーで、+端子部分が2つある構造。

+の片方に繋ぐと周辺部計18個のLEDチップが発光して白が点灯。もう片方に繋ぐと中央部計12個のLEDチップが発光して黄橙色に点灯?

商品サイトみたら、
> ライトカラー: ダブル色 (ホワイト/アンバー) 。
確かにそう書いてあった(^^;

スモールが黃橙で、ブレーキ踏んだ時が白か。ブレーキの電球の場合、確か、スモール5Wでブレーキ踏んだ時が15Wと三倍の明るさで光る感じだから、色を変えて強弱いい感じになるようにしてるのかな?

で、試してると突然点かなくなる。中国製だから耐久性が無いのかな? と思って2個目に繋いでも点かず。

うーむ、どうやら、バッテリから取り出しているシガーソケットの中のヒューズがとんだようだ。

LEDは電流がよく流れるらしいのと、10Aヒューズも新品じゃないので、切れやすかったのかねえ。

しかし、ヒューズがとびやすいとなると、車のヒューズもバンバンとぶようになるかもしれんなあ。

RX-7近代化改修

S25ダブル、H3 LEDバルブ到着

結構早く到着したな。

実物を見ると、バルブは振動対策の為か、樹脂で固められていて、しっかりした作りだ。

これだと振動で半田にヒビが入るのも防げそう。

これの5個セットが $7.35(800円)で、日本だと、2個で2,000〜3,000円といったところで、お得感がある。

ブレーキランプに4個実際に装着したらどうなるかが問題だが、点火系不良で車屋に入院しているRX-7が戻ってきてからの装着かな。

そして、H3のLEDバルブが郵便受けに入ってた。
S25ダブルはEMSだけど、H3は普通郵便で来た。

S25ダブルは電極がよく分からんので試してないが、H3はバッテリに接続して試すと、長い線が+で、金属板の所がーだった。

片面12個のLEDチップが発光体で覆われているCOBタイプで、直視するには眩しい位の明るさ。

連続点灯させると、触れない位熱くなるので、熱でLEDチップがやられるかもしれん。

しかし、RX-7の純正フォグは後方スペースが全く無く、冷却ファン付きのLEDバルブを付けられないから、やってみてダメだったらハロゲン電球に戻すしかないね。

これらのLEDバルブの購入先情報は次の投稿で。

RX-7近代化改修

RX-7近代化改修

点火系不具合から、車屋へ車を持っていったが、何やら火曜に頼んでいたLEDヘッドライトが入荷するそうで、ついでにヘッドライトをLED化する。

元々、夜間の渋滞でブレーキ踏んでたら、10.5V以下に電圧が下がってドライブレコーダーが停まったりしてたので、車のオルタネータでは消費電力を賄えていなかった。それで、55WのヘッドライトをLED化して消費電力を減らそうと思ったのだ。

他に、RX-7の消費電力低減化の為に中国から車用のLED電球を取り寄せている。
小糸製作所の適合表から、H3×2、T10×10、S25ダブル×5のLED球を注文済。

いずれもCOBタイプで、発光体に複数のLEDのチップが配置されていて、SMDよりも広範囲に発光するもので、日本製ではこういうのを作ってない。

H3がフォグランプで、消費電力は10Wだから、-45W。
T10は、車幅灯、ルームランプ、ナンバー灯と可能ならサイドのウィンカーで、あと、ハイマウントストップランプ。

ウインカーは球が切れたら、ハイフラッシングするようになっていて、低電力の電球に替えたら、電球が切れたと誤認して、高速点滅してしまうので、弄らずにそのままにする。

サイドのウインカーなら元がT10の5Wなので、T10互換球でいけるかもしれない。

ウインカーのLED化で、抵抗を入れて電球と同じ電力にする方法があるが、消費電力を減らしたいのであって、電球をLED化する事が目的ではないので、その方法はとらない。

ハイマウントストップランプは本当ならT16が3個必要なのだが、T16のCOBタイプが見つからなかったので、T10を3個使う予定。

S25ダブルは最も電気を食うであろう後ブレーキランプに4つ。

中国産LEDランプは耐久性に問題がある事に定評があるので、電球の頭を光らせる為に、基盤をT字にして半田付けしてるのなんか、いかにも車の振動で半田にクラックが入りそうだからそういう形状は避けている。

LEDのヘッドライトは、すぐ壊れてしまっては困るので、安心の日本製の日本ライティング社製の軽バン用小型ランプを使う予定。消費電力は冷却ファン付きなので25W(-30W)ほど。お値段の詳細分からないが、数万円ほどかなあ。

中国から買ったLEDランプのお値段は総額で、1,350円位。
車の振動でLED電球が切れやすいのは分かっているので、日本製で固めたいところだが、H3やS25ダブルの互換球はまず日本で売ってない。

冷却ファンが付いたH3は売ってるが、フォグランプの裏を鉄板に固定するRX-7の純正フォグだと、絶対に付けられないから候補にならない。

T10のランプなんか10個で180円で、日本製の電球は二個で200円位なので、勝負にならんわなあ。

 

【RX-7】再発

アクセル踏み込んだら、エンジンがくすぶって出力が上がらない問題が再発した。

プラグは交換して貰ってるが、車屋曰く、電気を出す方を調べるとの事。
イグナイターの故障か? 16年にもなると色々と出てくるなあ。