関係発展「共に努力」=杉山外務次官と会談-韓国外相:時事ドットコム

韓国外務省によると、康外相は「両国関係を未来志向的な協力パートナー関係に発展させるため、共に努力しよう」と呼び掛けた。杉山次官は「日本政府としても最善を尽くしていく」と応じた。 康外相に続き、杉山次官は林聖男外務第1次官とも会談し、慰安婦問題をめぐり、未来志向で協力していくことで一致。杉山氏は午後に開かれた共同記者会見で、林氏との会談では「(2015年末の)日韓合意の着実な履行が極めて重要だと伝えた」と明かした。

情報源: 関係発展「共に努力」=杉山外務次官と会談-韓国外相:時事ドットコム

南鮮は何とか騙して金をせしめようとするが、「約束守る気あんの?」と言われてぐうの音も出ず(笑)

いいね 🙂

体重

体重が過去最高の 67.5Kg を記録し、さすがにこれはダメだと食事量を減らした。

大体半月で5Kgのペースだったが、現在、 62.5Kg で、体重が減りにくくなった。今の食事量ではこれ以上に減らないっぽい。

昔は、タバコとコーヒーで食欲をごまかし、49.5Kg まで行った事があるが、一日一食トーストだとこれが限界で、これ以上は減らなかった。

以前はバセドウ病だったので、特に意識しないでも、ちょっと面倒くさがって食事を怠ると、二週間位で10Kg位減らすのは何の造作もない事だった。

あと、甲状腺ホルモン亢進状態だと、空腹で食べ物を食べ始めると胃がムカつき出して食欲が減退するというのもよくあったので、油断をするとすぐ体重が落ちていて、なかなか太れなかった。

恐らく、過去の状態と同じく、体重の最低維持量に近づいていると思うが、夜中に腹が減ったら、キシリトールガムか、ノンシュガーの飴を食ってごまかしている。

ノンシュガーのダイエット食品なんぞ、バセドウ病で体重を減らす事の難しさが分かっていなかったわしは、「食わなきゃいいだろう」とバカにしていたのだが、今は重宝している。

治療して今は甲状腺ホルモンが正常値となっているが、バセドウ病で甲状腺ホルモン亢進状態で問題となっていなかった部分が、今、色々と問題として現出している。

医者には体重を落とせと言われているが、肝臓の数値が悪く、恐らく脂肪肝であろうという事。

血中コレステロール値が高かったが、代謝が高いので問題にならなかった。しかし、代謝が落ちると高脂血症としてよろしく無い状態となる。

甲状腺ホルモンが正常値になって、再び色々な箇所のリバランスが必要となっている訳だが、まずは体重を減らす事が肝臓の負荷や血管の血栓防止に役立つだろう。

【時視各角】文大統領、韓日米FTAで反撃を

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領にも実益が大きい。揺れる韓日米同盟を強化する好機だ。韓国と産業構造が似た日本が加われば批判も弱まる可能性がある。チェ・ビョンイル梨花女子大教授は「すでにTPPに合意した安倍首相も拒否しにくいはず」とし「第4次産業革命とデジタル経済を先に獲得する効果もある」と述べた。日本とのFTAは進歩左派大統領だけができる。今が好機だ。2回目の奇跡が待っている。来月のトランプ大統領の訪韓が機会だ。文在寅大統領が動かなければいけない。逆発想でトランプ大統領を説得する必要がある。訪米当時のように「互恵的なFTA」を云々しながらまた孔子の言葉を並べるだけでは何にもならない。故盧武鉉元大統領の談話に答えがある。彼はこのように語った。「政治的損害を覚悟して下した決断です」。

情報源: 【時視各角】文大統領、韓日米FTAで反撃を

「すでにTPPに合意した安倍首相も拒否しにくいはず」って意味がわからん。
嘘つきと約束する訳ねーじゃん。

それに、自由貿易協定ってのは、支那朝鮮の様な為替操作国と結んでも意味が無い。

為替操作国は、為替を安く操作して、不当廉売して輸出先企業に打撃を与え、自由貿易の枠組みを破壊する。

今、南朝鮮がトランプに叱られて、「米南鮮FTAを破棄じゃ!」と言われているのも、そういう不当廉売をして、自分だけが得をするように動いたからだ。

米国の失敗の拡大再生産を日本がする事は無い。反面教師が居るのだから、それにしっかり学ぶべきだろう。

韓中通貨スワップの行方は?…韓国メディア、再延長の必要性強調

  一方、フィナンシャルニュースは9日「切れた韓日通貨スワップを」いう社説で「不幸にも韓日、韓中通貨スワップは政治の傾向に影響される」とし「李明博(イ・ミョンバク)政権の時、独島(ドクト)、慰安婦問題が浮上し、朴槿恵(パク・クネ)大統領は安倍首相に会うことさえ敬遠した。この過程で韓日スワップ協定は2015年100億ドル(約1兆1243億円)が最後に全部消えた」と伝えた。

また、「円は国際社会で最も安全な通話に通じる」とし「次善策は日本と交渉を再開することだ。新政府が火種を生かしてほしい」と伝えた。

情報源: 韓中通貨スワップの行方は?…韓国メディア、再延長の必要性強調

「安全な通話に通じる」って何だ?

寝言を言うのは好きにしろって感じだが、約束を守らない奴と約束するのはあり得ないという事をしっかり理解した方がいいな。

そして、「事実上の延長合意」と抜かしていたのに、一日も経たずして嘘がバレとるねえ。

【中央日報】韓中通貨スワップ、事実上延長に合意

  韓国銀行と中国人民銀行がきょう10日で満期を迎える韓中通貨スワップ延長に事実上合意したと、北京の消息筋が9日、明らかにした。匿名を求めたこの消息筋は「韓国銀行と企画財政部関係者が韓中両国の連休前である先月下旬に訪中し、中国の中央銀行である人民銀行と通貨スワップ問題をめぐって協議した結果、現行の協定を維持することで合意した」とし「満期当日である10日にも両国金融当局間チャンネルを通じて最終手続きと日程を話し合う予定」と伝えた。

韓中通貨スワップ、事実上延長に合意より引用

うそくせー(笑)

過去の事例を挙げてみると、

「ディズニーランド誘致に合意した」
→ディズニー「そんな事実はない」

「ユニバーサルスタジオ誘致に合意した」
→ユニバーサルスタジオ「そんな事実はない」

「世界海運大手のマークスが韓進海運を買収する事がわかった」
→マークス「そんな事実はない」

「中国の外交官が朝鮮半島は韓国が中心となって統一される事が望ましいと語った」
→「もう北朝鮮にはうんざりだ」と言っただけ。

何でも自分の都合の良いように解釈し、事実を捻じ曲げる。

これまでの幾多の事例からして、この件も疑わしい。
事実であれば、中共と南鮮の財務当局が共同声明を出してもおかしくないが、それがない。

そもそもTHAADの配備に纏わる話で、南鮮は色々な制裁を食らっているのだが、状況に全く変化が無い状態で、中共が妥協する理由が全く無い。

これも
中共財務当局「そんな事実はない」
となるオチがつく事だろう。

「人肉カプセル」、韓国に3年間で8500余錠が密搬入…ことしも90錠摘発

「人肉カプセル」が韓国に過去3年間でおよそ8500錠ほど密搬入されていたことが分かった。人肉カプセルは死産した胎児の胎盤を乾燥させて粉末や錠剤の形にし、韓国では滋養強壮剤などと誤って宣伝され..

情報源: 「人肉カプセル」、韓国に3年間で8500余錠が密搬入…ことしも90錠摘発

滋養強壮じゃなくて、実際には精力増強剤で有名。

支那朝鮮では、人肉食うのに抵抗感が無いのが特徴。
熊の肝が精力増強に効くとなると、絶滅危惧になるまで狩り尽くし、支那から来た不衛生な人肉カプセルを買い求める。

生存競争が厳しいから、精力増強剤にすぐ飛びつき、生殖に異常な執念を燃やしてんのかねえ。

【東亞日報】文大統領、「韓国が戦作権を持ってこそ北朝鮮が恐れる」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、「独自の防衛力にもとづく戦時作戦権の返還は、韓国軍の体質と能力を飛躍的に発展させるだろう」とし、「我々が戦作権を持ってこそ北朝鮮が我々を恐れることになるだろう」と述べた。

以下略

文大統領、「韓国が戦作権を持ってこそ北朝鮮が恐れる」より引用

戦時作戦統帥権というのがありましてな。
これは、南朝鮮が国家の意思として、戦闘を行なう権限を国連軍に取り上げられてしまっているので、取り戻そうという話。

国家が戦争を行なう権限を取り上げられてしまっているのは、やはり、実力も無い癖にやたら好戦的な李承晩のせいだろう。

朝鮮戦争時に、北朝鮮に南侵され、釜山まで追い詰められた南朝鮮だが、国連軍の仁川上陸作戦で巻き返し、平壌に迫るところまで進撃した。

その時、李承晩は、自らが軍の陣頭指揮を取るでも無く、釜山の米国大使館前で「北朝鮮をやっつけろ!」とシュプレヒコールを上げていたという。

米国大使館の中に入れて貰えず、前で騒いでいるだけというのが、こいつの言う事に聞くべきところも無く、全く何の役にも立っていないという事が忍ばれるエピソードだな。

朝鮮戦争は、その後、北鮮が滅ぼされる事を恐れた中共が、中国「義勇兵」を投入して、南へ押し戻し、すったもんだの末、38度線に国境が固定された。

義勇兵なのは、中共が国家として参戦すると、中国大陸が戦場になり、ガチで米軍と戦う事になるので、「国家の意思では無く、兵が勝手にやった」という形にした為である。

この人海戦術の大量の人雪崩で痛い目を見た司令官のダグラス・マッカーサーは、この時初めて、日本は何と戦っていたのかを身をもって知り、上院の軍事外交合同委員会で「日本の戦争は自衛戦争だった」と証言した訳である。

国連軍と北朝鮮は休戦協定に調印したが、南朝鮮は継戦を主張して拒否した。李承晩は自分では何もできない癖に、他人に戦って死ねというのが大好きな輩で、こいつから作戦権を取り上げるというのは至極当然の話。

反米の盧武鉉の時に、米国に「返せ」と言い出したのだが、いい加減、米国もこんな奴等に係わってはいられないので、「OK!OK!」となっていたのだが、米南鮮同盟が破棄される可能性を恐れて「やっぱりやめ!」と延期になった。

以後、朴槿恵の時に、延期期限が来たのでその時も泣きついて再延期になった。

戦時作戦統帥権の返還は、簡単に言えば、戦争をしたい時にできるようになるという話だが、直情的で、米国で銃乱射事件を頻発させているような好戦的な国民性の集団に持たせない方がいいと思うなあ。

 

【2018平昌五輪】安全性は大丈夫か? 五輪用の高速鉄道で事故・故障が頻発

 2018年2月に開催される平昌五輪で、各国選手団や観客らを輸送する重要な役割を担う新型の高速鉄道が安全性を問われる事故・故障が相次いでいる。9月には自動列車保護装置(ATP)の作動テスト中に7人が死傷する追突事故が発生した。聯合ニュースは五輪の開幕に合わせようと無謀な試運転を行ったという批判が出ていると報じた。また導入される新型車両は1カ月に一度の割合で故障を生じ、安全性の検証を巡って議論が起きているという。

情報源: 【2018平昌五輪】安全性は大丈夫か? 五輪用の高速鉄道で事故・故障が頻発

普段の営業運転の時から、ATP(自動列車保護装置)誤作動が頻繁に起こってて、スイッチを切っての運転が常態化している。

で、新線のATPテストで、そのフェイルセーフが作動せず、停車してる車両に後続の列車が追突して死亡事故発生。

システムエラーが原因と発表しているが、普通はその様な事態が起こった場合、安全策として列車を停止する設計が妥当だと思うが、南朝鮮ではATPが無効になるだけ。

フェイルセーフがまともに運用できないので、実際の運行においてはそれを無視する運用が行われるが、いざ、フェイルセーフがまともに動いている前提でテストすると破綻する。

何の為のフェイルセーフなんだか。
セウォル号の犠牲者も浮かばれないねえ。

亡者の宴

解散総選挙ねえ…。

私利私欲の守銭奴どもが国民を騙そうと白々しい嘘を並べて、我欲に眼の色替えて色めき立っている。

議員になって「何かをやりたい」では無く、議員になる事が最終目的で、民主党躍進の再演という二匹目の鰌を狙い、下衆共が寄り集まる様は全く救いようが無い。

主義主張の違うものが、ただ議員という身分を手に入れる為に野合する手口は民主党のやり方そのもので、選挙が始まれば、また愚民の目の前に餌をぶら下げて騙すのだろう。

確かに議員にならなければ、為すべき事もできないという主張もあるのだろう。しかし、その為に肥溜めに飛び込んで、腐臭に塗れる事を厭わないというのは、国民に対する背信だろう。

与党にしても、安倍政権は今までの政権で最も外国人労働者を受け入れ、「これは移民ではない」と詭弁を弄している。

そして口先だけ「デフレ脱却」と言い、財政出動もせずにデフレを継続させ、市井の人々を貧しくし続けている。

前の選挙の時に、麻生は高橋是清に言及していたが、高橋是清は大蔵省の犬では無かったはずだ。

結局、奴等は国民を騙し続けるのだ。

麻生太郎氏の「武装難民来たら射殺するのか」発言に左派団体や識者ら猛反発 

麻生太郎副総理兼財務相が23日に宇都宮市の講演で、北朝鮮有事に関して「警察で対応できるか。自衛隊、防衛出動か。じゃあ射殺か。真剣に考えた方がいい」と発言したこと…

情報源: 麻生太郎氏の「武装難民来たら射殺するのか」発言に左派団体や識者ら猛反発 

下らない言葉遊びだな。

「難民を射殺するのかー」とオツムの残念な人が食って掛かってるけど、「凶悪善人」みたいな言葉で、凶悪な時点で善人じゃないから、凶悪な者に対する対処を行なうのが正しい。

「武装難民」というのは語弊があって、偽装難民非正規兵というのが正しいだろう。

麻生は表現が雑だからツッコまれるんだよなあ。