共産「暴力革命」変更なし 志位氏、デマ攻撃と非難―政府見解:時事ドットコム

加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、共産党の「いわゆる敵の出方論」に立った暴力革命の方針について、「変更ないものと認識している」と改めて政府の立場を説明した。これに対し、共産党の志位和夫委員長は「全く成り立つ余地のないデマ攻撃だ」と反論する談話を出し、政府見解について「到底許されない」と非難した。

共産、現在も破防法対象団体 政府答弁書

 公安調査庁はホームページで、共産党について「革命の形態が平和的になるか非平和的になるかは敵の出方によるとする『いわゆる敵の出方論』を採用し、暴力革命の可能性を否定することなく現在に至っている」と指摘している。

情報源: 共産「暴力革命」変更なし 志位氏、デマ攻撃と非難―政府見解:時事ドットコム

八代弁護士が、ひるおびって番組で、「共産党は『暴力的な革命』というのを、党の要綱として廃止してません」って発言した騒動から発展した話ね。

確かに党の綱領には書いて無いから、その点は間違いなんだが、この間、維新の議員が政府に問いただして、「共産党は現在も破防法の対象である」ってのを閣議決定させちゃった。

その点を踏まえて、暴力的な革命を否定していないってのは間違ってないんだな。

しかし、志位はなんで「暴力革命は絶対やらない」って言えないの?

いざとなったらやろうと思ってるからだろ?

だから、公安に未だにマークされてんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください