亡くなった高齢者の個人情報で求職申請…韓国雇用センターが実績水増し-Chosun online 朝鮮日報

相談員らがおよそ1万2000件を虚偽入力…このうち900件は就職処理

就職をあっせんする韓国政府および自治体の雇用センターが、死亡した高齢者らを求職者にすり替えておよそ1万2000件の求職申請を偽装するなど、大規模な雇用実績の水増しを行っていた事実が発覚した。ところが調査を担当した雇用労働部(省に相当。雇用部)は過去2年間、こうした事実を外部に公開していなかった。

<後略>

情報源: 亡くなった高齢者の個人情報で求職申請…韓国雇用センターが実績水増し-Chosun online 朝鮮日報

死人が12,043人求職して、死人が974人就職したそうです。

南鮮グール!?
It’s a 文在寅 magic !!

元から南鮮の雇用統計にはごまかしがあって、前にも書いたけど、求職申請すると、アルバイトを紹介される。

アルバイトに応募して採用されたら→失業者では無いので失業給付は終了です。

アルバイトを拒否したら→働く意志が無いので求職者ではありません。失業給付は終了です。

と、意地でも分母を減らしてくるので、実際より失業率が低く出るんだな。

しかし、今回のは前代未聞だわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください