PHP

IMAPのメールサーバをimapsyncというツールで複製を取っているが、フォルダに関しては、コピー元のフォルダが基準となり、コピー先に無ければ作成して中身をコピーという動作になっている。

コピー元のフォルダが削除されたらどうなるか?と言えば、コピー先のフォルダはそのまんま。つまり、長期間複製を取っていると、コピー元で削除されたフォルダが、コピー先でどんどん増えていくという困った状態になる。

IMAPのサーバの機能としては、メールだけは「何日以上古いものは消す」という事はできるが、フォルダは消せない。

空のフォルダが溜まって来るのを何とかしないといけないので、ツールを作る事にした。

socket openとか低レベルな関数組み合わせてゴリゴリ作らなきゃいけないのかと思ったが、PHPにはIMAP Clientなる便利な関数群があった。

フォルダツリーを辿って、子フォルダが無く、メールも入ってないフォルダを削除するってのを再帰処理で組んだが、socketとかバッファとか、文字列処理とか考えなくていいからすげー楽だ。

いい世の中になったものよのう。

Cyrus IMAPd

業務でCyrus IMAPdなんかと戯れている。

社内の業務で使っているExchange Serverが、お客さんのメールをバシバシBadMailに落とし、届かないという由々しき事態となっているので、捨てようという話で(笑)、代替環境を試験している。

しかし、pop3コネクタかExchange Serverの挙動は非常におかしい。

MIMEエンコードしてあるメールアドレスの名前部分をデコードしてから、メールアドレスとして正しいかを評価し、RFC違反だとしてBadMailフォルダに叩き落してくれる。しかも、それがpostmasterには通知されない。

喩えば、「(株)会社名<hoge@fuga.co.jp>」みたいなので、()内はメールアドレスではコメント扱いだが、( だけが削除されて、複数の変なアドレスに変換される。

これは、Outlookも変な仕様を継承していて、宛先などの行頭に ( が入っていると勝手に削除する。

()を全角にすり替えてやると通るのだろうが、そもそもSMTPでRFC違反にならないように、わざわざMIMEエンコードしているものを、なんでデコードした上に正しくないアドレスを創作して、評価するんだ?

「ユーザーは馬鹿だから、かしこいマイクロソフトが正しいRFCに準拠したアドレスに修正して、メールが不達になる最悪の事態を防ぎます」とでも言いたそうだな。

実際は、その蛇足のせいで、届いて当たり前のメールが届かなくなっているんだが、一体何を考えとるんだ?

MIMEデコードしているのは、恐らく、サーバーサイドのメールの振り分けの為だろうが、MIMEデコード前にメールアドレスが正しいのかをチェックして、それからMIMEデコードだろう。何でこんなクソな実装ができるのか理解に苦しむ…。

Cyrus IMAPdはさすがに軽くてパフォーマンスは良い感じ。しかし、sendmail、procmailと連携させるのに色々と調べないといけなかった。

古いドキュメントを見ると、色々と設定しなくてはいけないのだが、新しいsendmailになると、cyrus imapdとの連携が出来るようになっていて、sendmail.mcに2行書いて終わりとか簡単になっている。

procmailと連携させる場合だと、sendmail.mcはいじる必要が無く、/etc/procmailrcを作成すれば良いのだが、cyrus imapにメールを渡す時にヘッダ部にFrom: 以外のFromがあるとダメなので、formailで削除しておくとか、殆ど検索しても出てこないようなマイナーな設定をやらないといけないから苦労した。

余りコードをゴリゴリ書くような事は無く、殆ど設定弄って環境構築するシステムインテグレーションだから、楽でいいなあ。