統治セズ

青山繁晴のニュースdeズバリにて、今日のキーワードは「統治セズ」。

言うまでも無く、鳩山内閣の事だが、普天間移転、口蹄疫の問題と、全く働かない無能な政治家に対して、「国を統治していない」というのは、実に的確なキーワードだと思う。

このキーワードは、前に居たタクシー会社の社長の社長を思い出す。

「皆がうまく動いて、抜けの無いようにあんじょうやってや」と常に言っていて、それで仕事に漏れがあり、「何でできてへんのや」といつもボヤきながら、片付いていない仕事を社長がやっていた。

まあ、わしが何度言っても、役割分担を決めようとしないのだから、破綻した経理を一人で立て直そうとして仕事に手一杯のわしはもちろん、仕事するフリをして遊んでいた余分な脂身もやる訳がない 🙂

そう言えば、噂で聞いたが、このタクシー会社は、わしが辞める時に、本社に経理機能を移し、わしを営業に配転させようとしていたのだが、また経理を復活させて、ガンで入院していたタクシーの運転士を充てたとか。

まあ、経理未経験だったわしが、破綻した経理を更に悪化させてくれると期待していたのが、建て直しを進めた上に、余分な脂身が、入金が無いのに売掛金を勝手に消しているのを、ことごとく見つけ出してたので、代わりの経理が得意でない人材を見つけた訳だ。

しかし、売掛金が経理と合わないようにする事は、このタクシー会社にとって非常に重要な事だから、また経理を復活させるとは思ってたけど予想通りだな 🙂 今度はあのおじいさんが生贄か。かわいそうに。

話は逸れたが、社長には権限があるのだから、現場の実務は、担当する者の能力と、仕事の量を見極めて、役割分担と権限委譲をやり、責任者を任命して、その監督をすればいいだけの話だが、能力以上の事を求めても仕方がないので、わしは言うのをやめた。

しかし、政府の場合はそうはいかん。このままでは本当に国が滅びそうだ。

民主党は、選挙前にあれだけ大見得を切っていたのだから、多少、悪くなる位で済むかと思っていたが、まさか、国を統治する能力すら無い程酷いとは思わなかったわい。

余りに酷いので、最近、こいつら国を破壊する為にワザとやってんじゃねーだろうな?なんて思うようになってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください