【主張】訪韓団「産経拒否」 一体何をしに行ったのか – 産経ニュース

 議連が意に沿わぬ記者を排除しようとしたのならば、これらとどこが違うのか。容認するわけにはいかない。

もとより、日韓議連がこのタイミングで何を伝えようとして訪韓したのか、はなはだ疑問だ。

例えば、議連の額賀福志郎会長は文在寅大統領との会談で、徴用工問題について、「対応策は韓国側が判断することだ。個人の請求権は消滅していないと日本政府も認定しているが、外交保護権は放棄している」と語った。

あまりに弱いもの言いだ。賠償請求問題は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決された」と明記された。それが国家同士の約束事である。

日本が供与した無償3億ドルには徴用の未払い賃金や被害補償問題の解決金も含まれる。個人で請求したいなら、相手はあくまで韓国政府だとなぜ言えないのか。

共同声明で、韓国国会議員による竹島(島根県隠岐の島町)への相次ぐ上陸や、韓国軍の竹島周辺での軍事演習の問題を、どうして大きく取り上げなかったのか。

言うべきことを言えない国との友好はあり得ない。逆に、相手に誤ったメッセージを与えることを厳しく認識すべきである。

情報源: 【主張】訪韓団「産経拒否」 一体何をしに行ったのか – 産経ニュース

この社説見逃してたけど、ん〜やっぱりかな。という感じ。

河本幹事長なんかは、「韓国に酷い事をした」とかちょっと時代錯誤な事を言ってるタワケで、こんなのが幹事長やってる組織には存在価値ねえよなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください