【コラム】東アジアの未来、韓日の絆の再発見にかかる | Joongang Ilbo | 中央日報

長期的には令和の日本と韓国はお互いプラスになる関係に進化するだろう。3年後には両国から犬猿の仲の政権は退き、相手国に柔軟な政権になる可能性がある。また、韓日は勢力を拡張する中国、国益を優先する米国、平和を脅かす北朝鮮を相手にするうえで協力するのが有利だと判断し、お互い活用することになるだろう。

情報源: 【コラム】東アジアの未来、韓日の絆の再発見にかかる | Joongang Ilbo | 中央日報

ストーカーの頭の中はこんな感じなのかね? 読んでてひたすら気持ち悪い。

竹島の漁民を人質にして、日南鮮基本条約で金を騙し取り、更に慰安婦詐欺で金を騙し取り、今度は日本企業を人質に金を騙し取ろうとしていて、やってる事は匪賊だった頃から相変わらずだ。

どちらかと言えば、匪賊が国家に擬態しているのが大韓民国を僭称する法治を理解できない未開な集団であると言えよう。

一度失った信用(あったのか?)は10年単位でないと回復できないから、鮮人供が考える「安倍さえいなければうまくいく」なんて甘い考えは通用しない。

自己愛性人格障害である奴等には、「人がどう思うか」という事には全く関心が無いから、信用という概念が無い。

約束を守り、嘘をつかないという地道な努力を10年続けて、初めて「話を聞いてもよい」位に信用が回復する程度だが、地道な努力も大嫌いだから、ここまで来たら断交まではいかなくても、まともな国家同士のつきあいになる事はもう無いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください