【コラム】「手当たり次第反日」という愚民化政策=韓国 | Joongang Ilbo | 中央日報

  事実を冷遇した私たちだけのこのような「精神勝利」が、朝鮮建国以来、最悪の戦争につながった朝鮮通信使の誤った判断と何が違うだろうか。1592年、黄允吉(ファン・ユンギル)正使は「外敵の侵犯に備えなければならない」と進言したが、全く同じものを見てきた金成一(キム・ソンイル)副使は「豊臣秀吉の目はネズミと同じで怖いものはない」として宣祖(ソンジョ)の判断を曇らせた。そして後は私たち皆が知っているとおり、民が過酷な対価を支払わなければならなかった。

「手当たり次第反日」は国内政治に利用しやすいのかもしれないが、国民を阿呆にして国を危機に陥れる。壬辰倭乱、そして1997年外国為替危機の時にあれほど辛い思いをしたのに、私たちは事実を事実通り見なければならないという、その単純な常識さえ学ぶことができなかった。

情報源: 【コラム】「手当たり次第反日」という愚民化政策=韓国 | Joongang Ilbo | 中央日報

知ったな!? 文在寅を信じてついて行けば良いものを(笑)。

まあ、「○×は日本のせい」というロジックが大好きで、根拠も無く楽天的な結果を期待するのが朝鮮人ですから、一生治らんでしょう 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください