「合わせて20選」韓国議員5人を日本は初当選議員1人が相手 「このような冷遇初めて」 | Joongang Ilbo | 中央日報

  尹委員長一行は日本メディアの複数の「知韓派」専門家にも会って助言を聞いた。日本側の専門家は「極端な対立を避けて時間を稼ぐためには徴用問題をICJ(国際司法裁判所)に任せた方がいい。ICJを恐れるな」「(慰安婦)和解・癒やし財団を解散した韓国を信じることができないので財団設立を通した徴用問題解決に反対する」「たとえ日本企業が賠償する考えがあっても、政府が強く反対しているので不可能」という意見を提示したという。

情報源: 「合わせて20選」韓国議員5人を日本は初当選議員1人が相手 「このような冷遇初めて」 | Joongang Ilbo | 中央日報

「(もし、仮にあり得ないが、)日本企業が賠償したいと思っても政府が強く反対するので、賠償する事は無い」という趣旨の話を恐らく聞いたのだろうな。

そして、南鮮人の能天気極楽脳は、「日本企業は賠償したがっている」というナナメ上の理解をしとる訳だ。こいつらと関わってると頭がおかしくなるのう(笑)

しかし、渡邉美樹ってワタミの会長だった人で、既に政界引退を表明しとったはずだが、他の自民党議員は会う事すら嫌がったみたいだな(笑)

まあ、会えば勝手に自分達に都合の良い話をでっち上げて吹聴するし、それで名前が挙がったら、下手すりゃ落選しかねないとなると、既に引退予定の議員しか会おうとしない訳だな 🙂

  東京の外交消息筋は「日本国会内でも森喜朗元首相を中心に『日韓外交フォーラム』の発足を準備する動きがあると承知している」とし「このフォーラムが発足すれば『韓日議会フォーラム』との交流が本格化するだろう」と明らかにした。

そもそも、それがうまく機能するならば、「日韓議員連盟」、「韓日議員連盟」とやらで既に解決済みになっているはずで、新組織を作ればうまく行くなんてマヌケな考えでうまく行った試しは無いですな。

<2679年5月31日追記>

宇都隆史さんが内情暴露(笑)

韓国の議員団が、在日韓国大使館経由で、参議院外交防衛委員会のメンバーとも懇談をしたいと連絡が数日前にあった。しかし、聞くところ外交防衛委員会の渡邊美樹委員長の事務所に直接連絡があったようで、与党筆頭理事の私からは、「正式に大使館から参議院国際部に対し要請があれば受けても良いのではないか。ただし、表面上の友好は期待しないで欲しい。出るからには厳しく辛辣な意見を言わせてもらう」と回答しておいたら、先方から渡邊美樹委員長だけに会うと回答があった、というのが事実。

下記の記事では我々が行かなかったことになっているが、こんなところも嘘まみれ…。だから韓国は誰にも信用されないし、日本との関係修復もできないことに、そろそろ気づくべきである。

情報源: (66) 宇都 隆史 – 韓国の議員団が、在日韓国大使館経由で、参議院外交防衛委員会のメンバーとも懇談をしたいと連絡が数日前にあった。しかし、聞…

「正式な外交ルートで来たら、締め上げるぞ」と言ったら、ビビって渡邉議員のみに会いに来ておいて、一人しか出てこなかった、かつてこれほど冷遇されたことは無いって、バカなの?

</2679年5月31日追記>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください