韓国産ヒラメなど検査強化 政府、輸入規制への対抗措置 – 産経ニュース

 政府が6月1日から韓国から輸入するヒラメのモニタリング検査を強化することが29日、わかった。特定の国の水産物輸入を規制強化するのは極めて異例。韓国が東京電力福島第1原発事故後、福島など8県の水産物の輸入規制を続けていることを受けた、事実上の対抗措置となる。

情報源: 韓国産ヒラメなど検査強化 政府、輸入規制への対抗措置 – 産経ニュース

杜撰でズボラな衛生管理をする国民性だから、全量検査して当たり前なのに、一部しか検査してないとは弛んどるな。

 韓国産ヒラメについては、全輸入量に対するモニタリング検査を現在の20%から40%に引き上げる。嘔吐(おうと)や下痢をもたらすクドアという寄生虫を原因とする韓国産ヒラメによる日本国内での食中毒が平成27年が8件(患者数62人)、28年が10件(同113人)、29年5件(同47人)、30年が7件(同82人)発生していた。

毎年食中毒患者が出てるのに、何で生食で提供するのかねえ?
南鮮産ヒラメや牡蠣を生で提供する奴は殺人未遂罪でぶち込めばいいのに。

 アカガイ、タイラギガイ、トリガイ、ウニについては、腹痛や発熱をもたらす病原微生物、腸炎ビブリオの検査を現行の10%から20%に引き上げる。30年に輸入ウニを原因とした腸炎ビブリオによる食中毒が発生しており、同種の食品についても対象にする。

南朝鮮は海が下水で汚染されてて、業者は金をケチる為に海水で洗浄したりしてるが、仕上げにうんこ水で洗ってるようなものだから、南鮮産は避けるのがよろしいですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください