神奈川)黒岩知事発言に批判やまず 表現の自由に危機感:朝日新聞デジタル

 志田陽子・武蔵野美術大教授は、焦点の作品の一つ、慰安婦を表現した韓国人作家の「平和の少女像」について「何ら違法ではない」と言及。「(黒岩知事は)自分の好みと、表現として許されるかどうかを混同している」とし、発言は表現の場としての県内の公共施設に「萎縮(いしゅく)を生じさせかねない」と異を唱えた。

情報源: 神奈川)黒岩知事発言に批判やまず 表現の自由に危機感:朝日新聞デジタル

「日本を侮辱する自由は尊重される」べきとかいう頭のおかしな奴の主張だな。

「公共の福祉に反しない限り」と法律の条文にあるだろ? 「何をやろうが自分達は正しいのだから許される」というのは支那朝鮮人と嫌日主義者によくあるタイプだな。

説明文の日本語は「平和の少女像」だが、英語だと”Sex slave”と書くのは、日本人を騙して英語圏の人間に分かるように日本を貶めようという意図がある訳で、明らかに日本人に悪意をもってやってる事。

こんな物を公金で支援するのもおかしいし、他人を侮辱する表現の自由なんか認められる訳がない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください