河野氏、防衛相への起用検討 国交相に公明・赤羽氏 自民・森山国対委員長は再任 – 産経ニュース

韓国側は先月、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた。河野氏の防衛相起用は、不協和音が目立っている日米韓の安全保障協力の強化を図る狙いもある。

情報源: 河野氏、防衛相への起用検討 国交相に公明・赤羽氏 自民・森山国対委員長は再任 – 産経ニュース

河野太郎が外相から降ろされるというニュースで、南鮮のメディアは「韓国に無礼な態度を取ったから降ろされた」と大喜びしていたが、生ぬるい対応をしていたボンクラ岩屋と交代という事で、南鮮には悪いニュース。

本当のところは外相が誰になるかで分かるけど、南鮮には少しでも妥協と見られる行動をすれば、つけ上がっていちびりだすので、締める所は締めないといけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください