東京パラメダル、見直さず=旭日旗の懸念は「大会と無関係」-IPC会長:時事ドットコム

 国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドルー・パーソンズ会長は12日、東京パラリンピックのメダルデザインが旭日旗を想起させるとして大韓障害者体育会が問題視している件について、「伝統的な日本文化の要素を扇に反映したデザインであり、全く問題ない。大会組織委員会に見直しを指示するつもりはない」と述べた。

<中略>

また、パーソンズ会長は、東京大会の会場などで旭日旗の持ち込みを禁止するよう求める書簡を韓国側から11日に受け取ったことを明らかにした。その上で「これはあくまで政治問題。スポーツと政治を混同するつもりはない。断固としてその方針を貫く。大会とは無関係だ」と話し、韓国側の要請には応じない姿勢を示した。

情報源: 東京パラメダル、見直さず=旭日旗の懸念は「大会と無関係」-IPC会長:時事ドットコム

「伝統的な日本文化の要素」と言っちゃう辺り、かなり日本側の根回しが効いてると見える。

そして、旭日旗を政治問題化し、スポーツと混同させようとする南鮮の意図には従わないと宣言。IPCやるじゃん 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください