日本はなぜ、韓国に一本取られたのか(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 日本が2019年7月に実施したこの措置をめぐる展開は、韓国側に一本取られたという感が強い。韓国は貿易管理制度についての日本の要求をすべて受け入れたけれど、日本側の本当の狙いだった徴用工問題は好転していない。そのために日本は「制度を改善しただけでは駄目だ。運用を見てからでないと判断できない」という苦しい主張をせざるをえなくなった。それを受けて韓国は、WTO提訴再開という揺さぶりをかけてきたという構図だ。

情報源: 日本はなぜ、韓国に一本取られたのか(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

ちょっと毎日新聞の記者は頭湧いてるんじゃないか?
たとえば、「パチンコやめて来月から真面目に働きます」って言ってる奴を即信用して前みたいに優遇するなんて普通せんやろ。

「よし、来月の働きっぷりを見てから考えよう」となるのがごく当たり前の対応だと思うが、頭の腐った毎日の記者が見ると「苦しい主張」らしい。本当に頭おかしいな(笑)

 それだけに、なぜ今だったのかという疑問は残る。日本メディアの中には「日本の措置から1年となる7月1日まで待つと韓国内で批判されると恐れたのではないか」と書いている記事もあるが、本当にそうだろうか。韓国人記者から記者会見で「日本がコロナで大変な時期なのになぜ?」という疑問が出るように、今は「コロナ対応で大変な時だから」と言えば、批判もされないはずだ。青瓦台(大統領府)が「早く対応を」とせかしたようだが、その理由は分からないのである。【論説委員・澤田克己】

まあ、確かに南鮮の政府モドキ関係者が「コロナで大変な時期だからやる」って言ってたな。意味が分からんけど(笑)

朴槿恵の時も、産経新聞に裏から「謝れば許してやる」と謝罪するように言ってたらしいが、日本人をやっつける姿を見せる事で、国内の支持率を上げる事ができるからだろうな。本当に下衆な奴等だなあ 🙁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください