ハイオクガソリン、実は混合 「独自開発」のはずが…20年前から各地で – 毎日新聞

 石油元売り5社がオリジナルブランドで販売し、業界団体も「各社が独自技術で開発した」と説明していたハイオクガソリンが、スタンドに出荷する前段階で他社製と混合されていることが毎日新聞の取材で判明した。物流コスト削減を目的に貯蔵タンクを他社と共同利用するようになったためだが、各社は公表していない。複数の関係者は「混合出荷」は約20年前から各地で行われていると証言する。高級ガソリンのハイオクは各社の独自製品と認識して購入する消費者も多く、情報開示のあり方が問われそうだ。

情報源: ハイオクガソリン、実は混合 「独自開発」のはずが…20年前から各地で – 毎日新聞

出光以外のハイオクは皆同じって周知の事実かと思ってたが、毎日は知らんかったんかね?

そもそもガソリンスタンドの統廃合が進んで、地元で効率的に給油できるスタンドが1つしか無いから、ブランド選べるご身分じゃねーんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください