【作業記録】Ubuntu 20.04 LTSに livepatch

家のマシンで、Ubuntu 20.04LTSを入れた時、livepatch という、再起動しなくてもセキュリティホールにpatch当ててくれる canonical社のサービスを設定するよう促されたので、入れたのだが、よく分かってなかった。

どうやら、カーネルにパッチを当てるんだけど、カーネルパッケージの更新はしてくれないようなので、サーバーとか、再起動を頻繁にできないマシンに対するサービスのようで、会社に行ってる間に電源を落とす個人PCには不要なものだと分かった。

で、このライセンスが個人なら 3台まで使えるとの事で、24時間運用の Kagoya VPSのUbuntu 20.04に導入しようと思ったので、その作業記録(長い前置きだ(^^;)。

https://ubuntu.com/security/livepatch

の下の方にあるやり方でやる。トークンは、ログインして、右上の自分の名前をクリックすると、UA subscriptions ってページを開くと出てくる。

Webで検索して出てくる例だと、snap で canonical-livepatch をインストールするって書かれてるんだが、試しても「そんなの無え!」と言われて困ってたが、ua attach [TOKEN]で snapd と共にインストールしてくれた模様。

ハッ!? もしかして、snap のインストールって、 snapd入れないとできないってオチか orz

ua attach [TOKEN] 実行した時に既に、livepatch yes enable ってなってるから、 ua enable livepatch 必要無いかもしれん。

今の所、patch は無いけど、結局の所、頻繁に再起動しても問題無いなら、不要なサービスだなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください