150Wソーラーパネル接触不良

支那の独身の日のセールで買ったソーラーパネルだが、配線ボックスから出てる線を押し込まないと発電しない現象が出ていた。

今日、押し込んでも短時間しか有効にならないので、配線ボックスを開けて見ると、何か、蓋のパッキンが外れていて、コーキング剤に埋め込まれて箱内に充填されていた。

ジャンクションボックスを開け、充填されていたコーキング剤をほじくり出した状態

コーキング剤をマイナスドライバーでほじくり返し、中を確認すると、右側の配線のプラスネジが緩んでいたので、締めたら接触不良が治った。

外れていた蓋のパッキンは元からサイズが違っていて、蓋よりも大きくて嵌らないもので、パッキンが嵌らず、防水が完璧でないので、箱内にコーキング剤を充填して固めるという事をやったんだな。

だが、コーキング剤で固めているのに接触不良という事は、元々ネジが緩んだ状態で固めた訳で、中のネジを閉め忘れるなど言語道断。

配線ボックスを裏側配置にするカスタマイズをしてくれるのは非常に良いのだが、仕事がいい加減だのう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください