D-200迎えた東京五輪、放射能問題は本当にないのだろうか(1) | Joongang Ilbo | 中央日報

「世界人のまつり」オリンピックが迫っているが、2011年福島原発事故から始まった日本国内の放射能に対する論争は相変わらずの状況だ。日本政府は安全だという立場を守っているが、日本国内の市民団体や国際環境団体は今も不信感を拭いきれずにいる。

情報源: D-200迎えた東京五輪、放射能問題は本当にないのだろうか(1) | Joongang Ilbo | 中央日報

「日本は放射能汚染国」と、自分達が一番大騒ぎしてネガティブキャンペーンをやってる癖に、他人が心配していると人のせいにしている。

こいつらの笑える所は、普段から日本よりも高い放射線量で被爆している癖に、「日本の放射線量が心配だ」とか言ってるところ。

もう、バカとしか言いようがない。

各地とも1月6日12時00分時点
(単位:μSv/h)

福島市 いわき市 東 京 ソウル
0.131 0.061 0.036 0.121

情報源: 東日本大震災|在大韓民国日本国大使館

卑怯で卑劣でこの世の餓鬼道のクズは、将来の禍根を残さないように、滅亡するように行動するしかない。援助や支援などもっての他。

できるだけ朝鮮人供が衰退するように、あらゆる手段を用いるべきな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください