【作業記録】cron-aptインストール、postfix設定

KaguyaのVPSで放置してても、システムを常に最新にしてくれる cron-apt を設定する。

しかし、cron-apt ってメールシステム必須なので、postfixが付随してインストールされてしまうので、不本意ながらメールシステムも設定する。



・postfixの設定編集

よく考えたら、リレーホストにTLS接続する為に、SSLのサイトの正式名称でないとエラーになるはずなので、わしのプロバイダのサーバーの正式名称である sv96.xserver.jp にしないといけない。

そして、プロバイダのメールアカウントの認証を通す為に末尾に設定を追加。

・中間証明書取得

TLS接続に中間証明書が無いとエラーになる事があるので、goddadyから頂いて /etc/postfix/cert ディレクトリに設置する。

・パスワード認証ファイルの用意

・postfixの再起動

・テストメール送信

・cron-apt設定

テスト実行

ログの確認

これで VPS放置してても勝手にアップデートされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください