「脅威的な低空飛行、日本側の謝罪を」…韓国紙 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 ソウル新聞は、哨戒機が当時、韓国海軍の駆逐艦から500メートルの距離で高度150メートルまで近付いたと問題視した。ソウル新聞は、民間組織の韓国国防安保フォーラムのムン・グンシク対外協力局長が「駆逐艦への自殺攻撃が可能な距離だった。日本がどんな理由で脅威的な低空飛行を行ったか責任を問い、謝罪を取り付けなければならない」と主張したと伝えた。

情報源: 「脅威的な低空飛行、日本側の謝罪を」…韓国紙 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

民間組織で、自称軍の専門家が神風特別攻撃隊の様に特攻する可能性もあったと寝言を言うとるのか。

誘導兵器の無かった時代に、確実に敵の軍艦を沈め、自分1人の命と引き換えに大勢の米兵を殺し、経済的にも人的資源的にも被害を与えて、日本への損害を減らすという目的で行なったのが神風特別攻撃隊(しんぷうとくべつこうげきたい)の作戦の真髄。

翻って、南朝鮮の古ぼけた駆逐艦1隻なら、長魚雷1発で船体が真ん中から真っ二つに折れて撃沈可能なのに、貴重な航空自衛隊の乗員最大11名の命と引き換えにするには全く吊り合わない。

南鮮人の嫁さん貰った場合、夫婦喧嘩した時に、嫁が、いかに自分が正しく、いかに夫が酷い事をしたのかを近所に吹聴して回り、アピールするそうだ。

つまり、「カミカゼ」と騒ぐ事で、米国から「カミカゼけしからん」という声が挙がってくるのを期待してトンチンカンな嘘八百を吹聴して同情を買おうとしてるわけだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください