ヤクルト密造2

前回の続き。

コンビニへ行ってオレンジジュースを買ってきた。本当は500mlが欲しかったけど売り切れ。

早速、シンバイオティクス ヤクルトWを培養したヤクルト菌液約250mlの入った牛乳パックへ投入し、よく振って撹拌。

培養したヤクルトは冷やしている内に塊ができてかなりヨーグルトっぽい何かになっているので、よく振って撹拌しないとよろしくない。

とどめは、ギリシアヨーグルトメーカーに入れて液を抽出

こいつはギリシャヨーグルトっぽいものを作ってくれるので、ヨーグルトっぽい何かと液体を分離するのに最適。

こいつの容積が450g だが、ちと液を多く入れたので、濾材に掛かる位の水位があってよろしくない。水位を下げる為に濾過されたものを飲んでみた。

ヤクルト菌液250ml 位と オレンジジュース200mlで混ぜたが、ちょっとトロっとしていて、なんつーか……ヤクルトつーよりヤクルトジョアだな。

わしは別にヤクルトの味じゃなきゃ嫌だという訳では無いので、フルーツ牛乳の観点から考えると、別にオレンジジュースでなくても別のジュースを混ぜても良さそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください