Coke on効果

母親を買い物へ連れて行った。

待ってる間、フードコートの自販機で飲み物を買おうとしたが、わしの場合、コーヒーアレルギーなので、自販機で買える紅茶がまず第一の選択肢になる。

午後の紅茶が売ってないので、コーラの自販機を見ると、紅茶花伝の缶紅茶があった。

Coke on アプリを起動して bluetooth 接続し、ふと見ると、電子マネーにも対応しているので、dカードの iD で支払いした。

Coke on アプリがあるので、コカコーラ自販機を優先したから、コカコーラの戦略はうまいな。

しかし、dポイントは 200円で 1ポイントなので、自販機では200円以上の商品が無く、貯められないから別に dカード使う必要もなかった。

Coke on payで d払いにして、Coke onアプリで一括キャッシュレスもできるようだが、d払い連携でドコモ網への接続を強要され、3G回線で接続できないだろうなと思ってたらできた。

説明書きには、「wifiやテザリングを切れ」と書いてあったので、家の wifi 回線から繋がらないと思っていたのだが、この辺は緩和したのか。あとでd払いアプリが登録できるか試してみよう。

【追記】
3G通信ができないスマートフォンで、3GのSIM挿してると、d払いアプリは登録できず。
やっぱり d払いは頑なにドコモ網への接続を強要してくるな。

【/追記】

ただ、d払いでポイント充当をするのに、my docomo で「ドコモ払い・d払いのご利用料金確認」からでないと dポイントを d払いに充当する設定ができないので、これはドコモユーザー限定な訳だな。

期間限定ポイントがすぐ期限切れになるので、コカ・コーラ自販機で飲料買えば、ポイント消費もできるしスタンプも貯まるので便利なのだが、ドコモユーザー以外お断りとは何とも不便。

まあ、コンビニでd払いすれば、Coke onのスタンプは貯められないけど、期間限定 dポイント消費自体は可能だから別にいいけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください