ヤクルト密造8

今日はお休みしました 🙂

バレンシアーナオレンジジュースとクリープを混ぜた培養地実験。

まずは、オレンジジュースをコーヒーカップに入れてレンジで 500W 1分30秒加熱して、クリープを大さじ 1杯投入。

普通にカゼインが凝固して固まり、所謂、牛乳に酸を入れたのと同じになった。

次に熱湯をコーヒーカップに入れて、クリープ大さじ 4杯投入。これは良く溶けた。
そして大きな容器にあけて、オレンジジュース500mlほど投入。

普通にガゼイン(以下略

容器をシェイクしてガゼインの塊を粉砕、続けてオレンジジュース約400ml投入&ヤクルト1本 65mlを投入し、長いスプーンでよくかき混ぜ完成。

とりあえず、37℃12時間に設定して加熱中。

うーむ、クリープ+オレンジジュースだと、ガゼイン凝固が起こってよろしくない!

多分、オレンジジュースに水を加えてpHを下げてやれば凝固が起こらないと思うが、その分、果糖濃度も薄まるので、「果糖+乳糖で乳酸菌の餌だらけ!」というコンセプトにそぐわない。

今後は牛乳にクリープを溶かして乳糖+乳糖でやろう(´・ω・`)

Amazonに乳糖そのものズバリが売られてた。

クリープ200g が平和堂で450円位だから、グラム単価はちと高いな。

One Reply to “ヤクルト密造8”

  1. 37℃ 12時間+12時間でやってみたけど、オレンジジュースベースでは、「若干甘みが減ったかな?」位でヤクルト菌増殖具合がよく分からないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください