日、「韓国の船舶連携「対北不法油積み替え現場摘発

韓国籍の船舶が連携した対北朝鮮(對北)油類不法積み替え現場が摘発されたと17日伝えられた。

韓国国籍のA船は先月下旬頃、台湾海峡の北、中国の出荷と推定される船舶に油を渡した。 ところが、その中国の出荷と推定船舶が北朝鮮の船舶に積み替えている状況を、日本哨戒機が捕捉したことが分かった。 日本はこの事実を、米国を介して、私たちの政府に知らせたと伝えられた。

政府関係者は、「私たちの船が直接北朝鮮船舶の積み替えたものではないと思われるが、対北朝鮮制裁空調次元でA船を調査中」と述べた。 「船舶の船」方式で北朝鮮に油類を渡すことは、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議に違反している。

【ユビョンフン記者itsyou@chosunbiz.com ]

情報源: Google 翻訳

朝鮮日報の記事のようだが、これ他に報道してるところが無い。

事実だとすると、南鮮船 → 支那船 → 北鮮船 と瀬取りをやってて、北朝鮮に石油製品を渡す為の偽装工作に執念を感じるねえ。

南鮮が支那に石油製品を売ったのなら、支那へ水揚げすりゃいいのに、わざわざ洋上で支那船へ瀬取りって、主体的に瀬取りをやっていて、それを隠す為に支那船経由してんだから、真っ黒じゃん。

だが、これが分かったという事は、日本の哨戒機は南鮮の船をマークしているという事だな。

南鮮、無茶苦茶疑われてるな(笑) 哨戒機がレーダー照射されるのも納得だし、米国の沿岸警備艇が派遣されたのも納得だわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください