日本が昨年輸入したDRAM、韓国製は21%-Chosun online 朝鮮日報

 日本が昨年輸入したDRAMのうち韓国製は21%だった。60%は台湾製だ。台湾にはDRAM業界3位のマイクロンの工場がある。読売新聞は13日、日本は韓国から半導体を輸入しているが、台湾からも購入可能だと報じた。一部には日本がサムスン、ハイニックスから輸入するDRAMは高性能で代替不可能だとの指摘もある。しかし、業界関係者は「日本は研究用製品にサムスン、ハイニックスの高性能DRAMを使用するが、量はそれほどでもない。汎用製品は他のメーカーが供給するDRAMで生産が可能だ」と話した。

情報源: 日本が昨年輸入したDRAM、韓国製は21%-Chosun online 朝鮮日報

南鮮のDRAMの世界シェアは72.4%といいつつ、日本では21%しかない訳ね。しかも金額ベースでは、日本が輸出するフッ化水素等の原料輸出額よりも少ない。

わしも含む消費者目線だと、組み立てPCやBTOパソコンでもパーツは選べるけど、往々にしてサムスン、LG等の南鮮製部品は嫌われがち。

なぜなら、初期不良や、すぐ壊れると定評があって、いくら安くても、すぐ壊れたり、初期不良で店とやり取りする手間を考えたら、最初から買わない方がいいからだ。

だから、部品を選べるパソコンでは南鮮製部品は選ばれず、部品の製造国を明記しないメーカー製PCに使われているのだろう。

まあ、米国、台湾、東芝も製造設備増強中だし、南鮮が輸出禁止措置をしたところで、問題はありませんな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください