布製マスクの効果

「布製マスクはウイルスに効果が無い」とか言われているけど、無いよりはマシ。

コロナウイルスは0.1μmだから、0.3μm以上の粒子を通さないN95マスクのフィルターでも単体なら余裕で通過できる。

じゃ、なんで医療従事者がマスクをするのかと言えば、ウイルスというのは、空気中の埃や、水滴にくっついていて、そいつがマスクのフィルターに引っかかるので吸い込むのを防ぐ効果はあるからだ。

あの手の製品の想定は、患者が咳をした時に飛沫が数メートル飛んで落ちるので、それまでに飛沫を吸い込まないようにする為のもの。

咳をする患者の正面で飛沫を浴び続けるというのは、想定外の使用で、そんな危険な行為をするべきではない。

患者と接触する必要がある医療従事者はともかく、一般の人達にとっては、先に挙げた数メートル飛んで落ちる飛沫を吸い込まないようにする為のものであれば充分なので、マスクが無いなら布製マスクでも致し方無し。

スペイン風邪の時は皆布製マスクで頑張ってた。57万人死んだけど 🙁

米国時間4月2日にホワイトハウスは、症状のない非医療従事者がマスクを着用することを奨励していなかったこれまでのガイドラインを、間もなく変更する可能性が高いことを発表した。

情報源: 米国でも布マスク推奨へ、米疾病予防管理センターが一般人に布マスク着用の要請を出す見込み | TechCrunch Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください