RX-7帰還

4月末のゴールデンウイーク前に車を預けて、返ってくるまで3ヶ月掛かった。

SPIRIT Rのエンブレムも剥がしたそうで、新品交換したとの事。
わしのだらしない服装はご愛嬌 🙂

後、黒い部分が白く劣化してたのを全部黒のマット塗装で塗られているようで、気合入れ過ぎ。

フロントワイパー樹脂カバープレートは、網目の部分に塗料が乗らないとの事で新品交換したが、ワイパーも塗られている。

リップスポイラーもテッカテカでいい感じだけど、この部品は前進駐車で破損しやすいから、そのままでも良かったのに、塗装屋気合入れ過ぎ。

後、ガラスコートも頼んだけど、QUARTZガラスコーティングじゃなくて、G’ZOX Real Glass coatとかいう新しい奴らしい。

前は親水性で、水を弾かなかったが、今度のは撥水効果があるやつで、撥水性が失われた時のメンテナンスキットが付いてやがる。めんどくせー。

多分、前と同様、洗車せずに、雨だけで汚れを落とす感じだから、撥水性のあるコーティングじゃなくていいのになあ。

んで、この気合入れ過ぎの全塗装のお値段であるが、100万ちょっと掛かったらしい。

車取りに行った時に、請求書があったら、店には無慈悲なショッピング枠250万あるセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを試してやろうと思ってたが、まだ精算できてないとかで、後で郵送されるようだ。

ここで全塗装やったら、あと20年位は乗らないとな 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください