日本の「不当な要求」により日韓漁業協定協議が難航?被害拡大の韓国から焦りの声|レコードチャイナ

記事によると、日韓漁業協定協議の難航によって韓国の漁船は16年7月から4年以上、日本の水域で操業できずにいる。文長官は同日の農林畜産食品海洋水産委員会の業務報告で「これまでの協議で日本は、韓国のはえ縄漁船の減船、福島など8県に対する水産物輸入制限の解除などを要求した。さらに今回は竹島の領有権まで要求し、協議妥結を難しくしている」と指摘した。

野党「未来統合党」のアン・ビョンギル議員は「協議が進まないことで困るのは韓国だけ」とし、「早く妥結できるよう関心を持ってほしい」と訴えたという。

情報源: 日本の「不当な要求」により日韓漁業協定協議が難航?被害拡大の韓国から焦りの声|レコードチャイナ

誰か「困るのは日本」って言ってたのに、漸く立場を理解したか 🙂

名目的には相互にEEZで漁をする事になっていて、南朝鮮は太刀魚を、日本は鯖を獲っていたが、南鮮は漁業資源が枯渇していて、日本の漁船の漁獲高は微々たるもの。

日本側に全くメリットが無いどころか、南鮮の漁船が違法漁具設置や不法操業で日本の漁場を荒らされて被害が大きいから、日本の漁民から「日韓漁業協定なんか要らん。もう韓国漁船に漁をさせるな」と言われる始末。

ちなみに日南鮮漁業協定も釜山の日本領事館近くに設置した売春婦像により、交渉中止。

交渉中は、余りに南鮮漁船の不法操業が酷いので、漁船にGPSをつけて、違法操業が分かるようにする事と、乱獲が酷いので漁獲高を減らすよう日本側は主張したが、南鮮側が拒否し、漁獲高を倍増するように要求した。

まあ、日本の要求を丸飲みしたとしても、日本側にメリットが皆無なので、他に手土産でも持ってこない限り、そう簡単には妥結しないだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください